Dear ... from xxx


朝もやに訪れたのは紛れもない事実で、受話機の向こう側

弱々しくも凜とした君の声

「これを切ってしまえばもう・・・」と

ためらってしもう僕はもう独りきりで・・・

走馬灯の様り廻り巡るのは

追憶のフイルムばかりで「涙のせい・・・?」

心無しかうっすらと色褪せた君の姿

でもそれでいて鮮明で、相変わらず君は綺麗で

真夏に舞う涙色の雪はふわりふわりと・・・

二人だけの想い出のせてホ頬に溶けてゆくの・・・

隣に君が居ない朝 目醒める度

淋しくて寂しくて 今日もまた曇りのち雨

君に贈る最初で最後のLove Songは

皮肉にも悲しい哀しい「サヨナラ」の唄

「例えば・・・例えばだよ、もしもう一度生まれ変われるとしたのなら

来世は・・・来世こそは、君に

貴女によく似合う冬に出逢える様に・・・」

飽きる位したKissの味も、二人描いた未来景色も

僕のために、君のために、二人のために今は・・・バイバイ

 

 

Back to Dear ... from xxx ~ disc 1

Back to Due'le quartz Lyrics

1