Luna』へ ...


まだ見ぬ君の告白は、耳鳴りの様にこびりつく・・・

目眩く君の虚像は、浮かんでは消えてく・・・

まだ見ぬ君の告白は、頭蓋の奥で鳴り響く・・・

目眩く君の虚像は、掴んでは離れてく・・・

僕の愛しい「欠けた月」よ、もう二度とは離さないから・・・

「たとえ、叶わぬ恋だとしても構わない

月を照らしていられるだけで太陽は・・・」

君のお手々を括るつけて、ずっとずっと眺めていよう・・・

ラララ・・・

 

 

Back to Dear ... from xxx ~ disc 1

Back to Due'le quartz Lyrics

1