自殺願望


何よりも大切な花を差し出した貴女へ”

残された時間はまだあると信じていたけど

どうせ苦しむのなら僕の意味も理由も

ただよう雲に眺め逃げてゆけばいい

 

振り返るこの声はつぼみのまま恋がたみ

1つの季節だけがそこへ連れて行ってくれる

僕は逝き急ぐから

今は瞳閉じてこの香り感じていたい

 

もしも枯れて行くこの戻れない時だけでも

貴女が愛を注ぐ花になれたなら

この身体を浮かべてきれいな雨になれば

貴女に忘れてきた優しさも連れて行けるね・・・

 

僕は逝き急ぐから

今は瞳閉じてこの香り感じていたい

 

もしも枯れて行くこの戻れない時だけでも

貴女が愛を注ぐ花になれたなら

この身体を浮かべてきれいな雨になれば

貴女に忘れてきた優しさも連れて行けるね・・・

 

季節はめぐりまた逢えたね・・・

 

 

Back to 自殺願望

Back to Due'le quartz Lyrics

1