Re:plica


迪り着くと 既に白に包む君の横顔
フイにやめた瞬きの合間に描写する
僕の鏡になれればと自らその身を犯し
君へ架かる橋を渡る意味を独り探す

切れない絆 憎む事さえ今はもう
土に還った君に何度も呼び掛けるよ


きっと最後の時に傍に居てあげる事が
せめてもの君への餞だったのかな
いつか僕も小さな生命を宿し君の元へと
その生命とも同じ土に還るよ


どこへ落ちるのかは誰もが選べないけど
鏡に写る姿が僕を落とした君の証しだから

 

 

Back to Re:plica

Back to Due'le quartz Lyrics

1