記憶と空


視線の風は僕の額に穴を開けたまま

この世界にずっと吹き荒れる

erase all with one light  Leave me without delight

人は無名のまま 皆消えで行く

わめき すすり泣き あえぐ聲 それらを遮るように

押しつつみ廣がる silence

初めて 死を意識したあの幼い日を思いながら

光を避けた僕は一人怯えた部屋に取り憑かれている

世界の全での色が無くなる日を

君との再會の時 殺したいと思うだろうか?

抱きたいと想うだろうか?

抱きしめてた記憶と空 言華より氣持ちより目の前のあなただけ

懷かしい記憶と今 眼が眩む 足が む 骨が軋む 骨が震える

 

 

Back to Memoire Lyrics

Back to Malice Mizer Lyrics

1