月下ソ夜想曲


何かに導かれ 森の中を 步いてた 幼い僕は  不思議にもただ

引き寄せられるままに

古い小屋に 着いた僕は ホコリにまみれた 橫たわるピエロに

氣を惹かれる  人形は 哀しそうな・・・でも 嬉しそうな顔して

"屋敷に連れてって"と  淚を浮かべ僕に 抱かれた

階段を昇り拔け  光を放ち彼を待つ少女の人形と互に見つめ合う

綺麗な夜だから・・・哀しい夜だから優しく笑って見守ってあげる

寂しい夜だから・・・最後の夜だから これからは

二人を離したりはしないから

月の光は彼らを・・・踊る彼らを映し出し壁に映る姿は

生まれ變わる前のままに

見つめ合う二人は "最後の夜"と つぶやいて

この夜が明けるまで 熱い思いで踊る

綺麗な夜だから・・・哀しい夜だから 泣かずに笑って見守ってあげる

寂しい夜だから・・・最後の夜だから これからも 二人を見守ってあげる

綺麗な夜だから・・・

綺麗な夜だから・・・哀しい夜だから優しく笑って見守ってあげる

寂しい夜だから・・・最後の夜だから

これからも二人を離したりはしないから

忘れたりはしないから・・・

二人を忘れはしないから・・・

 

 

Back to Merveilles Lyrics

Back to Malice Mizer Lyrics

1