追憶の破片


僕の思考は次弟に勾配を增す闇の螺旋の中に

碎け散り空へと落ちていく

深く戶惑う心の隙間を舞ながら言華を探して

僕の罪がまた始まる

微笑み合いぼやけていく姿だけ浮かべて

足早に通り過ぎる言華さえ見えない

少しだけ抱きしめた噓の空を

追憶の破片はにび色にかすんでいく無言の悲鳴に身を震わせる

何かの終わりと色あせた記憶だけ抱えてあの空へ落ちていく

誰も止められない・・・僕が落ちていく

ほんの少しだけ今を抱きしめたから

消えかけのロウソクのように眠りに落ちた

古い瞬きが光を放つのに耳をたてる

誰も今までの慘烈な軌跡など知らない道德がぼやけていく

"人"と詐稱する僕は豊かな黑い色彩を契れた指でなぞり合う

誰も止められない・・・君が落ちていく

ほんの少しだけ今を抱きしめたから

 

 

Back to Voyage Lyrics

Back to Malice Mizer Lyrics

1