Premiere amour


どこまでも透き通る空に  合言華を何かの魔法のように繰り返していた頃

光を追いかけ季節と戱れていた  今はあの呼び名さえ思い出せない

大きな壁に背伸びして書いた二人の言華が 

今ではそっと僕を見上げて優しく微笑んでくれる

ぼやけた空の下で手をひいて二人で步いてた 

ふと思い出したあの頃の聲が遠くから聞こえる

いつしかいなくなった君のことを  あの頃と變わらないこの空に重ねる

大きな道の眞ん中で立って  どこまで行けば君に會えるのかと

不安に思ったそんな頃が懷かしい  眩しい日差しの中に僕はこの空に

新しい何かの豫感を少し感じてた

大きな壁に背伸びして書いて二人の言華が 

今ではずっと忘れてた大切な事 思い出させる

ぼやけた空の下で手を引いて二人で步いてた 

ふと思い出したあの頃の聲が遠くから聞こえる

何のシナリオも結末も無くただ無邪氣に笑ってた

ふと思い出したあの頃の聲が遠くから聞こえる 

眩しい日差しの中で僕はこの空に

新しい何かの豫感を少し感じてた 

透き通った日差しの中で呼んた君の名を

空に浮かべ消えて無くなるまでずっと見ていた  僕だけの週末

~Premiere Amour~

 

 

Back to Voyage Lyrics

Back to Malice Mizer Lyrics

1