僞りのmusette


踊らされることは もう今は何も感じない

僕は差し出した兩手を焦がして

繰り返す言華は噓を べた眞實  優しい顔した誰かに繰り返す

噓の太陽の下で大地の詩を口にして  僕のこの姿さえ消えて失くなるまで

掌を空に峠して忘れた痛みを今だけ

ほんの少し思い出して手の中で轉がす

君からの手紙をpocketにしまって  誰にも言えず僕だけの物に

喜ぶ人はいまも手を叩くことを止めない

そう僕は飾られた僞りのmusette

 

 

Back to Voyage Lyrics

Back to Malice Mizer Lyrics

1