五月雨


ある日, 本心が降りてきて

ずぶ濡れな僕に「つまらない」とこう言った

それが聞こえなかった僕は

雨に打たれながらずっと傘を探し續けていた

本心は雨に打たれながら僕の後をずっとついてきた

別に何をするでもなくまるで雨に打たれるのが

嬉しいかの樣に笑いながら

ふと空を見上げると電線には一匹の小鳥

悲しそうに泣いている

突然降り始めた五月の雨は

僕等には冷たすぎた

この雨が降り始めた頃皆と飛び立てなかった小鳥は

一人で飛び立とうとして深い傷を負ってしまう

もう大好きなあの娘ともあの空を飛び回る事も出來ず

何も出來ず悲しくて死んでしまう

結局雨がやむまで傘を見つけられなかった僕に

本心は泣きながら小さな傘を差しだしてきた

何も言わず受け取る僕を見て

「つまらない」とこう言った

雨の中でひとりぼっちの僕と

群からはぐれて傷ついた小鳥

突然降り始めた五月の雨は

僕等には冷たすぎた

やっと雨がやみ明るい光が空から差し み始める頃

小鳥は土の上に冷たい體で橫たわっていた

あの日あの時あの場所にあの雨さえ降らなければ

小鳥は今頃皆と一緖に大空を飛び回っていたんだろう

 

 

Back to Mucc Lyrics

1