九日


短くしすぎた前髮をいじりながら

懷かしい寫眞 一人でながめてます

氣難しそうな貴方の橫の私

いつまでも二人いられると信じてました

笑っていたいよ 寫眞の二人のように 

樂しみにしてた記念日に貴方を見送って

歸らぬ貴方を待っている馬鹿な私がいるの

短くしすぎた前髮をいじりながら いた手鏡

思い出があふれ出す

强くなりたくて强がって受話器をあげた

久しぶりに聞いた貴方の聲に戶惑いました

笑っていたいよ,寫眞の二人のように

ただ二人でいるだけで樂しかった日日

もう戾れないの?

樂しみにしてた記念日に貴方を見送って

歸らぬ貴方を待っている馬鹿な私がいるの

今度貴方が好きになる人は私に似てるのかしら?

私はその子に言ってあげるの

「その人をよろしくね」と

貴方が大好きだから

抱いて下さいもう一度 最後のお願いだから

貴方への思い綴った手紙 もう屆く頃かしら?

また同じ笑顔で笑えるような二人でいたいと願っています

願っています

 

 

Back to ヤ⑦Ъュみヱ Lyrics

Back to Mucc Lyrics

1