僕が壞れても    ねぇ  わからないでしょ?

もう  君の事なんか    わからないくらい•••

完璧主義者の    欠陷商品の僕等

よく似ているから    なんとなく感じてたんだ

ほら    臆病な子猫    爪を立ててる

孤獨になるには     まだ     早すぎたのに

怖くなるほど流れてほしい

全てをおし流すほどの時間

いびつな愛と    ねじれた夜が

汚れた指の隙間にみえる

歸りたくない    歸りたくない

今は只眠りたいだけ

衰弱していく良識が

ほら    夜にとけていく

かけた月を見て    氣をちらしてる

「その  きれいな石は  おいくらですか」

氣がふれるほど    あふれつづける

指の先まで染みついた記憶

狂ったように悲鳴をあげて

全てがカラ回りはじめる

ゆるしてほしい     ゆるしてほしい

吐き捨てるように繰り返す僕

街燈の下不器用に舞う

アゲハ蝶

 

 

Back to 痛絶 Lyrics

Back to Mucc Lyrics

1