背徳ソ人


人を羨んでばかりで動かないライオン

小さな井戶の中で威張って外を知らない獨裁者

弱い自分を隱したけり虛勢を張る野良犬

全て手に入れた代わりに愛をなくした墮天使

少年を持つ澄んだ瞳はいつしか濁るきり

罪惡感と後ろめたさを抱いて泣いてた

黑く映し出だされた長い影をひいて步く

空を見上げられない旅人よ

何も感じられるまま

花を踏みにじり步いてゆくのか

少年の頃描いた夢はいつしか腐りきり

けなげな花に氣づきもせずに一人になった

黑く映し出だされた長い影をひいて步く

空を見上げられない旅人よ

何も感じられるまま

花を踏みにじり步いてゆくのか

旣にひからびた指で

手探りでなにを求めているのか

黑く彼を包んで泣いていた背德が

孤獨を甘やかしてるだけの夢なのに

それに氣づくはずもなく溺れてゆくだけで ちぎれはじめてく

壞れたぬいぐるみ抱いた少年が僕を見て泣いた日まで

空を見上げて自分の足元を見て

けなげな花にやっと氣づいた旅人よ

 

 

Back to 痛絶 Lyrics

Back to Mucc Lyrics

1