断絶


ある朝寢ぼけた彼をそれは突然おこした

信じられないのに不安だけで悲しくなり

別のことを無理矢理考える子供

電車は徐徐にそれに近づいている

大好きなモノさえもただの塊に見え始め出し

いつもと違った雰圍氣に怯え始める子供

そのころはもう日常の一部になってしまっていて

その時が一番樂しくてそれが彼の遊園地であり動物園だった

異色の環境に滿足してしまっている子供

「終わり」という現實を知らなかった幼子は

あまりにも無慘で殘酷な答えを知らされた

人物像でさえまだ彼の中に確定しきっていないのに

「好き」「嫌い」だけの世界でプツリと遮斷された記錄

日が暮れるにつれそれは徐徐に形を變え始める

誰も彼もがヒビの入った場所を無理矢理埋めようとした

何度も嘔吐を繰り返す彼の深い深い溝は

やがて何も埋められない形に變形してゆく

ドアを開けると見慣れた景色は眞っ白で

聽いたことのないうるさい沈默がとても苦しくて

慣れ親しんだ病室は僕一人には廣すぎて

新しいシ-ツがなぜか悲しみのあとを押す

窓際に飾られた花が無性に愛しくて

メモ帳には言葉だけが悲しくつづられていて

暖かいはずのベッドはどうしようもなく冷たくて

ドアを開けてもあの景色には二度と出會えない

さよなら•••?  さよなら•••

 

 

Back to 痛絶 Lyrics

Back to Mucc Lyrics

1