エッセイの書き方-サンプル集-アメリカ留学-GO2AMERICA

エッセイの書き方

   

エッセイとは


エッセイとは、日本で言えば『作文』や『論文』と言われるものです。(入学用のエッセイは『作文』です。)アメリカの大学には、留学生用の入学試験がありません。エッセイは入学試験のようなもの。英語力を判断する材料になったり、目的意識があるかなどの性格面も判断する材料になります。エッセイで自己PRします。

 

何を書いたら良い?


学校側から「テーマ」を与えられたり、自由課題もあります。主に出される「テーマ」は、『過去の業績』、『何故この大学を選んだか』、『将来の目標』、『現在の社会問題について』、『自叙伝』、『自分の国で起きた歴史的事件』などです。

 

エッセイの長さは?


論文ではないので、長くは書きません。2−4枚程度で十分だと思います。短い中で言いたい事を書かなければいけないので、テーマはひとつにします。

 

英文は書き方が違う


日本語式作文では、「だから私はこう思う。」というように、最後に「言いたいこと」をまとめます。 英語式作文は、「私はこう思う。こう言う理由だから。最後にもう一度、私はこう思う。」というように、最初に「言いたいこと」を書いて、最後にもう一度、違う言葉で「言いたいこと」書きます。 もちろん読み手は、英語式作文に慣れているので、この方式で書くことが大事です。

 

エッセイの書き方


 

1. テーマ(主題)とトピック(材料)


例文:
「英語弁論大会に出場した時に、こつこつと英語の勉強をすることを知った。そして、これからも努力をしたい。」

将来の目標や過去の業績を「トピック」と呼びます。この例文の場合、トピックは「英語弁論大会に出場した」になります。「テーマ」とは、トピックの事を通して何を学び、そして何をしたいのかです。この例文の場合、テーマは「こつこつと勉強をすることを覚えた。これからも努力をしたい。」になります。になります。

この例文のエッセイは「こつこつ勉強した」事によって、「今まで達成させた事(過去の実績)」と「これから達成したい事(未来の目標)」を書くことになります。

 

2. 素材を集める


出来るだけ、今に近い年齢の事を話しましょう。説得力があります。学校、勉強、部活、アルバイト、ボランティア、将来の夢など。書きだしてみると、新しい自分が発見できるかも知れません。

 

3. 構成を考える


最低でも3段落に節分けます。英文エッセイでは、最初と最後にテーマを置きます。最初段落のテーマは、最も自分の言いたい事を書き、最後段落のテーマは、始めに言った事を「別の言い方」で繰り返します。その間の段落はテーマを証明する事柄を書きます。

 

4. 下書き・タイプする


まずは書きだしましょう。そしてコンピューターを使ってタイプします。スペルチェックや文法チェックを必ずしましょう。

 

5. 見直し・添削


知り合いで英語を母国語にしている方がいたら、その方にぜひ見せて添削してもらって下さい。日本語英語(日本人にしか通じないような英語)を使っていることが多いからです。最初は英文を書くだけでも大変だと思いますが、大学で毎日のように宿題で書くので慣れますから、今は心配しなくても大丈夫ですよ。

レポートの書き方
レターサンプル
LectureOnline.netオンライン講義



TOP
COPYRIGHT © GO2AMERICA
NOV. 29, 2005

アメリカンアンティークと洋雑誌・ヴィオレットベール| アメリカ留学| アメリカ生活| デンバーレストラン| 赤毛のアン| アメリカ映画| ジャーナル| GO2AMERICA
レストランナビUSA| レストランナビ| 日記ナビ| 日記ナビUSA| USAナビ| Iナビ| Sナビ| Wナビ| 企業ナビ| Iナビ2| 収益物件・不動産投資物件| 東京の求人情報| 電話秘書代行| ウエディングドレス販売・レンタルショップ| ITエンジニア転職支援| グラフィックデザイナー| 人材派遣会社| アクセス解析ツール|
1