Friendly Fenway 28(May 2001)



5/22 Cancelled due to rain

6/4 月曜日に順延。
Wake は飛ばされて Cone-Pedro で行くようだ。




5/21 Dayoff

明日から Yanks 戦が始まる。3連戦。適地だけに Sweep は難しいだろう。Wake-Cone-Pedro でなんとか勝ち越したい。

今日は AA Trenton と Exhibition の予定で リハビリ中の RHP Florie が先発の予定になっていたが雨で流れた。




5/20(W)

Varitek 大爆発。4 for 4, 3 HR, 7 RBI。なぜか KC にくると HR を打ってるようなきがする。彼が KC で Major 初 HR を打ったとき僕は見ていた。この球場は彼にとってはいい球場なのだろう。

Manny Ramirez を Everett が "The Freak" と呼び出している。定着するか?確かに普通じゃない。54 打点目をあげた。

Castillo 6 IP, 6 H, 1 R, 1 ERで 5 勝目。Garces(2 IP)-Pichardo (1 IP) で締めくくった。




5/19(L)

1)RF Nixon
2)2B Offerman
3)CF Everett
4)DH Ramirez
5)LF Bichette
6)1B Daubach
7)SS Val
8)3B Hillenbrand
9)C Tek

現時点での Best lineup だろう。O'Leary の不調が痛い。

野茂投手 6 IP, 9 H, 5 R, 5 ER, 1 BB, 3K。負けはしたが 6 IP を投げてくれた。中盤、後半まで試合が壊れないようにするのが Starter の仕事の一つだ。




5/18(W)

Pedro 8 IP, 5H, 0 R, BB, 12K。打線の援護もあり 6 勝目。肩と腰まわりを痛めているのにこの出来。調子が悪くても勝てる。

9 回から登板した Pichardo が 3 連打をくらって降板、Lowe が登板してなんとか締めくくった。Arrojo が最近大荒れで Lowe に頼らざるを得ない状況になっている。そろそろ Lowe が復活してもらわないと困る。

Ramirez 2 RBI。


5/17(L)

Cone が復帰。 3 0/3 IP, 2 H, 2 R, 2 ER, 4 BB, 2 K。76 球で降板。Control に苦しんだようだ。復帰すぐで大活躍するとは思っていなかったのでそれほど落胆はしていない。しかし、大家投手、Crawford を AAA に落としたのだから活躍しないとなっとくはできない。3-2 で勝っているときに降板したことは別に特別ではない。

Arrojo が打たれて負け投手。Radke に完投された。

Ramirez 2 for 4, 2-run HR, 2 RBI。


1)RF Nixon
2)C Hattie
3)CF Everett
4)DH Ramirez
5)LF O'Leary
6)3B Hillenbrand
7)1B Daubach
8)SS Lou
9)2B Lansing

Hattie 2 番はどうなのだろう。あまり好きではないがしょうがない。

Daubach の痛めた指は治ったようだ。


5/16(L)

Wake が先発。3 点とってもらって楽にいけるかと思ったが 4 回まで No-hitter のあと 5 回に入って 3 連打で 3失点。Pichardo-Schourek と繋いだが Schourek が HR を打たれて結局 1 点差で負け。

Ramirez 2 for 4, 2 RBI。

1)SS Val
2)1B Offerman
3)CF Everett
4)DH Ramirez
5)RF Bichette
6)3B Hillenbrand
7)C Tek
8)2B Lou
9)LF DLew

Valentin 一番。本人も球場に来て初めて知ったそうだ。驚いた。





5/15(W)

Everett 3 for 5. Hillenbrand 3 RBI。

Castillo 6 IP, 2 H, O R で 4 勝目。Garces-Beck-Lowe と繋いで勝った。




5/14 Dayoff


5/13(W)

野茂投手 5 回の表に突如崩れて 4 点献上。それまで打たれていなかっただけに残念だった。2 H で 4 R, 4 ER。6 BB は少し多すぎる。

1-4 から Wake-Garces-Schourek-Beck-Lowe と繋いで 結局 A's に得点させなかった。
Lowe がうれしい 2 勝目。

Varitek が 11 回に Game-ending HR。

Manny が 2 for 4, 2 RBI。ほぼ毎日 RBI を挙げている。ここまで活躍するとは思っていなかった。できることなら Manny と勝負したくはないだろう。

大家投手, Crawford が AAA に降格、DL から Cone と Pichardo が復帰する事になった。大家投手の Spot には ERA 1.79 と調子がよかった Wake が入り Crawford の Spot には Cone がはいる。

Rotation の位置づけは難しいが DL に入るまでは No.2 だった。野茂投手が No.2 で開幕からここまできた。 Cone がどこまでできるのか見てみたい。Pedro-野茂投手-Castillo-Wake-Cone の順でなげることになる。

Starters
1)Perdo
2)野茂投手
3)Cone
4)Castillo
5)Wake

Relievers
6)Arrojo
7)Garces
8)Pichardo
9)Schourek
10)Beck
11)Lowe

この投手陣なら連敗はしないだろう。また Bullpen 勝負になれば勝てる。




5/12(W)

さすが Pedro。イヤなまけ方をした昨日を引きずることなく連敗を止めてくれた。初回に連打で 4 点とったのが大きかった。珍しく 3 R-HR を浴びたが 7 IP, 3 H, 3 R, 3 ER で 5 勝目。いつもこれくらい得点をしてあげれば Pedro は楽に投げられる。

今日は打線爆発。
Nixon 4 for 5, Offerman 3 for 5, Everett 3 for 5, Manny 2 for 4, Bichitte 3 for 5。




5/11(L)

3 連敗。変なまけ方をした。先行されてなんとか追いつこうとしたらまた離されるという状態。9 回 1 Out 満塁で O'Leary は LF に打ち上げた。これで同点と思ったが 2 塁にいた Everett が 3 塁突入。Nixon が Home in する前に Everett が Out になり試合終了。去年もこんな試合があった。

Manny 2 for 4, 3 RBI。

Crawford が 2 IP, 5H, 4 R と撃沈。Wake-Schourek-Arrojo-Beck と繋いで我慢しているうちに逆転を狙いたかった。




5/10(L)

大家投手の投球を今年初めて TV で見た。去年と比べて低めに力いっぱい投げ込んでいた。彼のイメージが少し僕の中で変わった。しかし少し球がうわずってきたかなと思った頃に打たれ始めた。Tek の退場も影響した可能性もあるが 5 IP, 7H, 5 R, 5 ER。Lowe-Wakefield-Beck と繋いで追加点を与えなかったが結局まけてしまった。

Grebeck やはり左肩は痛めていないようだ。ま、こうするしか Val を上げることはできなかったからしょうがない。

一日遅れてたら Stynes を DL に入れて Val をあげることで問題はなかったはずだ。
Stynes の頬骨が折れていたので DL 入り、復帰には 1 ヶ月かかる模様。Lou が昇格。




5/9(L)

Castillo 5 IP, 6 H, 4R, 4 ER。

4 点先行されるも 7 回にまでになんとか同点に追いついた。さてこれからというときに Arrojo が連打をくらって 5 失点。チャンスはあったものの結局5点差を返すことはできなかった。

Valentin が SS で途中出場。
Stynes が頬にぶつけられ途中退場。
SS Grebeck が DL 入りで Val が復帰。Minor では SS も守った。Boston でどんな使われ方をするのかには興味がある。 Grebeck は多分ケガしていないと思う。

Pichardo の復帰は近いのだが、Roster にあきがないのでDLからの復帰はみおくられるのではないかという憶測がとんでいる。たしかに空きはない。




5/8(W)

3 連勝。Ramirez 難しい外角低めの Changeup をよくあそこまで飛ばせるなぁと言うのが感想。Hillenbrad は相変わらず難しい球を打って HR にしている。彼の悪球うちはすぐには直らないだろうがとりあえず率は打っているのでよしとしよう。

野茂投手 5 IP, 7 H, 3 R, 3 ER, 4 BB, 6 Kで 4 勝目。 Wake が 2 IP を無失点。Lowe が 2 IP を1 失点。

vs LHP のため以下の様な Lineup だった。
1)2B Stynes, 3 for 5, 2 RBI
2)1B Offerman, HR, 2 RBI
3)CF Everett
4)DH M Ramirez, HR, 2 RBI, .403
5)LF O'Leary, 3 for 5
6)RF Bichette
7)C Tek, 3 for 5
8)3B Hillenbrand, HR, 2 RBI
9)SS Lansing


RF Bichette は大丈夫なのだろうか?LF O'Leary は A's 戦で 2-Run HR 打って調子をあげているようだし、 最近 Bichette も当たっているから出場させるのはわかる。二人を天秤にかけたら O'Leary の方が RF ではないかと思うが慣れない守備を2人入れるより Bichette 一人我慢するほうがいいのだろうか?ま、どちらにせよ勝ったのだからいい。

Offerman の調子がよさそう。


5/7 Dayoff

Val と Pichardo 復帰が近いが代わりに誰を落とすかが見物だ。Val が昇格すれば Grebeck が落ちるのはわかるが、Pichardo が昇格して誰が落ちるのだろう。

1)Pedro
2)野茂投手
3)Castillo
4)大家投手
5)Crawford
6)Wake
7)Arrojo
8)Garces
9)Schourek
10)Beck
11)Lowe

真剣に悩む。誰も落とせない。Lowe が調子が悪いからといって理由無しで DL に入れることはできない。しかし過去に O'Leary, Stanley を不振という本当の理由(名目上は違ったが)で DL に入れたことがあるので何ともいえないが。GM, Jimy のおっさんがどうするのかを注意して見ていきたい。

5/6(W)

Pedro 7 IP, 4 H, R, ER, 6 K。見ていてどうも本調子ではないように思えた。試合後にやはり本人は調子がいまいちだという意味のコメントをしている。昨年の今頃と比べるとまだまだまだらしい。それでもほとんど打たれていないのだから Pedro は別格だ。8 回からは Arrojo が登板。94 mph は出ていたがどうも追い込んでから決め手を欠いていた。Closerとして使われているが Fastball 以外に Second pitch があの Slurve では少し問題がありそうだ。Garces-Beck と繋いで何とか勝ったが Pedro が投げている時とそうでないときの差が激しかったように思える。 問題だろう。本来なら 8-9 回は Lowe が出てきて 20 球ぐらいで終わらせるというのが理想だ。

Offerman 3 for 5, 3 RBI。



5/5(W)

Crawford 6 IP, 6 H, R, ER, BB, 3 Kで 3 勝目。一回の裏にピンチを迎えたがなんとか乗り切った。Wake-Arrojo と繋いで勝った。

Stynes 2 for 5, 2 RBI, Offerman 2 for 4, 2RBI, Ramirez 4 for 5。

Ramirez が止まらない。彼がいなかったら Sox はどうなっていたのだろうかと真剣に考えるとぞっとする。このまま行くと1試合 1 RBI 以上稼ぐのではないかと思う。

Ramirez が LF を守る構想が復活している。Hamstrings はなおって来ているようだが RF ではなくて LF で出場の可能性もあるらしい。Fenway の RF と Nixon の守備をみてその差を感じているようだ。Ramirez LF ですべてがうまくいくことになる。

Willimas 監督が Team meeting を開いた。出場機会が少ないことにたいして文句をいう選手が増えてからだ。



5/4(L)

今日の試合は少し問題があるかもしれない。2 回の裏2 Out 満塁だがまだ勝っているところで大家投手を見切り Lowe を投入。Lowe は押さえたが一瞬え?と感じた。確かに連打をくらって好き勝手に走られていたものの Lowe のあそこで投入はすこし違和感がある。確かに流れ的にはあそこで打たれると一気に A's 側に流れがかわるところではあったが Playoff でもう負けられない試合ならまだしもまだ 2 回だった。大家投手への Williams 監督の信頼がまだ大きくはないのだろう。先日の Crawford 1 1/3 IP, 6失点が Willimas 監督の頭をよぎったのかもしれない。

Sox 3 連敗。




5/3(L)

同じ 11 安打でも Sox は 3 点、Seattle 10 点。

vs LHP なのにいつもとは違った Lineup だった。
1)2B Offerman
2)1B Daubach
3)CF Everett
4)DH M Ramirez
5)RF Bichette
6)LF O'Leary
7)C Tek
8)3B Hillenbrand
9)SS Lansing

Daubach 2 番、RF Bichitte。足を止めての撃ち合いをを仕掛けて負けたという感じだ。



5/2(L)

7 H 打ってたったの 1 点。これでは勝てない。野茂投手, イチロ-選手にぶつけてから崩れたような気がする(6 IP, 4 H, 4 R, 4 ER)。野茂投手はあまり打たれてはいないのだが Walk, Hit by Pitch が点に結びついている。あまりいい傾向ではない。
Lowe の Sinker があまり落ちていない。落ちない Sinker は非常に危ない。今年は Curve が中に入って打たれることが多いしまだまだ本調子には遠い。Closer としてて登板したわけではなく、珍しく Changeup も投げていた。



5/1(W)

Pedro 8 IP, 3 H, O R, 4 BB, 12 K。Arojjo が 9 回を押さえて 4 S。まだ Pedro は 本調子ではないらしいがそれでも ERA が 1.47 というのは彼が別格の証拠だ。



過去の Log を見る



感想お待ちしております。matsudy@okstate.edu