イスラームの教え



イスラームとは


 イスラームはアラビア語で「平和」を意味する語源が転化したことばで、「服従、帰依、従順」などの意味もあり、宗教的には神に対する完全な帰依、服従を表わすものです。

 いつも唯一アッラーの教えを守り、アッラーを敬愛することによって、愛護され、恐れや憂いを感じるのない心ややすらかな状態に導かれます。そして肉体と精神が真の平和を獲得し、各自が自分の持っている力を最大限に発揮して、現世と来世において限りない幸福を享受できるよう脱いているのがイスラームの教えなのです。

 ここでは以下簡単にイスラームの信仰の基幹である六信五行にふれるだけで、詳細はほかの機会に譲ることにします。


イスラーム六つの信仰

1. アッラーを信じること。
2. アッラーの天使達の存在を信じること。
3. アッラーにより啓示された諸経典を信じること。とりわけクルアーンは最後の完全なものである。
4. アッラーにより使わされた預言者達を信じること。(得にムハマンドー彼の上に平安アレーは最後の使者である)。
5. 審判の日、死後の世界の存在を信じること。
6. 人にはアッラーによって定められた運命があると信じること。


イスラームの五つの行

1. 信仰の告白「アッラーのほかに神はなく、ムハマンドはアッラーのみ使いであると唱えること。」
2. サラート(礼拝)
  これは五つの行のうち最大の柱で、一日五回捧げます。
3. サウム(断食)
イスラームの暦の9月(ラマダーン)の29日間か30日間、黎明から日没むまでの間、飲食はもちろん、さまざまな欲望を断わってアッラーの喜びのために専心するのです。
4. ザカート(喜捨)
ムスリムは、自分の蓄財(1年間蓄えた財産の一定部分)を喜捨します。また貧しい人や孤児や,神のために努力する者のためにこれを施こさなければなりません。
5. ハッジ(巡礼)
一年のうちに特定の一時期に、イスラームの聖地メッカにあるカアバ紳殿へ参詣し、種々の行事を行うこと。 充分な体力、時間、資力を備えるムスリムは、少なくとも一生に一度はこれを実行しなければなりません。



 以上のようにイスラームの教えは六信五行から成り立つ簡明なものですが、同時にそこには深い哲理も含まれているのです。

礼拝の意義


 サラート(礼拝)は、イスラームの五つの行の中で最も重要なもので、み使いも「礼拝はイスラームの柱で、天国への鍵である」と言っています。毎日義務の礼拝として五回行いますが、それは常にアッラーの教えを守り、かれを譛美し、かれに服従を誓い、その導きと助けを求めて祈り、信心の深めるために行うものです。澄んだ心でアッラーと対話することです。怠惰な気持ちを退けて、厳粛で真剣に礼拝に立ち,定められた文句を唱えるのです。そうすることによって誰でもアッラーの無限の恩恵にあづかれるのです。

 多忙な現代生活の中では,定められた時間に礼拝を棒げるのが困難な場所もありますが,そんな時には,満員電車の中ででも,礼拝を棒げることはできるのです。むしろ,工場で働く人のような場合でも,昼休みに礼拝を行うことによって,午後の労動への新しい活力となり、心が落ち着き,事故などの防止にも役に立つでしょう。

 定められた形を守るというのは言うまでもないことですが,礼拝は各自とアッラーとの大事な精神的交流の問題ですから,そのときの状態に応じて,最も良い道を求めて善処すればいいのです。

 正しく真撃な礼拝に対してこそアッラーの大きな恩恵があるのです。

JAPAN ISLAMIC CENTER
1