3 The Great Norman Wells Fossil Hunt.

カナダの北極地方にあるノーマンウエル町へ化石の採集大会

飛行機を4回乗り継いで行ってきました。名古屋からバンクーバー、エドモントン、イエロウナイフ、ノーマンウエルです。
合衆国やカナダの都市部から来ていた参加者まで、「これだけのために来たのか?」 「そうだ」、へーと感心して、
皆親切にしてくれました。 2000.06.29−07.08.
この町に来た2人目の日本人だそうで、町中の人が珍しそうに微笑んで面倒をみてくれました。  「1人目の人はどこ?」
 「戦争花嫁で50年前に来て二人子供を産んだが、まもなく帰っていった」。 冬は零下50度まで下がるそうです。

化石峡谷の入口で遅れてくる人々を待つ間にパチリ。この日、遠足の参加者は25人位、男女半々。

 
到着した飛行場からみた町の景色です。雨で寒く
昼でも12度。家並みの向こう側にマッケンジー河
が見えます。北米第二の大河だそうで、2ヶ月か
けて川下り冒険をする若者がときどきいる。
  早速、河岸へ見に行くと色々な石がごろごろと転がり、
あれも化石、これも化石!ザブン、ザブンと波を
かぶっていました。冬は氷で削られ運ばれると言って
いました。
 
町の近くに散在する、化石の採れる場所へバスを
用意したりカヌーを借り集めたり、遠足を楽しくさせ
る工夫をしていた。町の砂利道や家の庭石は化石
が多く、文字どうりあふれていた。
  カルガリから招聘されていた地学者によるサイトの説明と、
エドモントンから来ている古生物学者の解説があった。
下の白いのは谷を埋める硬い雪氷です。
 
スライドやヴィデオを使った、講演会もいろいろ
あったが、仲間を募ってボートでサイトへいくグ
ループもあった。河の支流を遡って捜すのである。
  慣れない人でも、Jackfish 湖 は小さくて安全。
初心者は、迷走しながら向こう岸へ着きました。
対岸には通称「化石峡谷」が待っていました。
気温32度、ランチを持って楽しい遠足でした。
 
ロープ伝いに降りる崖道です。でも帰りは息が
きれた、石を入れているからリュックが重い!
  渡し舟といっても、素晴らしい高速船で乗客は
救命胴着をつけることになっていたし、守っていた。
 
町の北方を流れるボスワース川で砂金とりの実習です。
エメラルドやガーネットも分別できるそうです。
イエロウナイフの「山師」さんが講師でした。
  ヘリコプターで Dodo Canyon を巡ったりしました。
好きなところへ下ろしてもらって、探索できます。
河も山もヒョイと越えるのでまことに楽なものです。
 
暑い夏の午後と見えますが、白いのは雪です。
この日差しで夜の9時半頃から10時です。
私は長袖のシャツでしたが。
  珊瑚が何メートルかの厚さでごろごろ重なっている岩の層
があったり、貝やウニの類が入っていて薄い板に割れる
頁岩層などあり、あきれるほど化石が露出していました。
 
川の流れで角が取れている小石ですが、拡大し
てみると全部、微細な化石で埋まっています。

下に採集標本化石の写真4枚をつけます。

  十数個の化石を箱にいれ船便で国許へ送りました。
なにぶん重いので持ちかえりも僅かの化石ばかりで、
心残りでした。

大小の小箱を作るのに時間がかかった。ラベルはパソコンでプリントアウトした。

1