更新日 00/01/09

ボディーガード


    セラフィム「ルーン、何見てるの?」
    ルーン  「ん、『指名手配書』」
    セラフィム「いっぱいあるのね〜」
    ルーン  「うん」
    セラフィム「これも探偵の仕事と関係あるの?」
    ルーン  「どんな凶悪犯が来ても、依頼人を守るれるようにね」

  (♪チャイムの音)

    イナバ  「こんにちわ〜」
    ルーン  「あっ、イナバお兄ちゃん、いらっしゃい」
    りっぷ  「おじゃまします」
    セラフィム「りっぷちゃんも一緒なんて、何かあったの?」
    イナバ  「うん。ちょっと相談したいことがあるんだけど」
    ルーン  「事件だね?o(^-^)o」
    セラフィム「ルーンたら、そんなに嬉しそうにしないの〜(^^;」
    ルーン  「いいから、いいから。で、何、何?」
    イナバ  「あのね。この前りっぷちゃんちの周りを探検してて、怪しい
              奴を見かけたんだ」
    りっぷ  「それに最近、窓から覗いてる人がいるみたいなの」
    セラフィム「エキストラゲストさんじゃないの?」
    りっぷ  「でも、見たことのない人だったの」
    イナバ  「エキストラゲストだったら、分かるよね?」
    りっぷ  「うん(*^^*)」
    セラフィム「じゃあ、何かしら?」
    ルーン  「あっ、そうだ!この『指名手配書』を見てよ」



  ※イナバは、ルーン&セラフィムの一番上のお兄ちゃん。
    くらたさんちのりっぷちゃんは、イナバの彼女です。友情出演ありがとう
  ございましたm(^^)m



指名手配書1
ホームページ
指名手配書2
雑誌
指名手配書3
書籍
指名手配書4
その他

トップに戻る

1