kiyoshi

キヨシの日本語学習の記録。

12/11/03 * 朝の挨拶 *

キヨシ:オハヨウゴザイマシタ!
親分 :なんで過去形なの?遅く起きたから?



11/30/03 * 11/30の日記より *

キヨシ:プ〜。(オナラらしき音)
親分 :今のナニ?!
キヨシ:ヘ!ワタシノへ!

〜親分の感想〜
どうしてこういう日本語だけはちゃんと覚えてるのだろうか。
おしっこ、とかうんこ、とかへとか。子供じゃないんだから。


2/21/03 * 親分の助けがないとキヨシの日本語はどうなるか? *

日本語の授業の一端として、北海道のとある大学からうちの大学に見学に来た日本人学生を、日本語で案内してまわりなさい、という課題がでたらしい。なんと1対1。私は「キヨシ君、一人で大丈夫か?」と心配していたのだが、案の条こんな会話をしてきたらしい・・・。

親分 :キヨシ君、日本人学生の案内、うまくいった?どんな会話したの?
キヨシ:僕の日本語が全然な上に、僕が案内した男の子も英語全然ダメだったの。だからほとんどジェスチャーで済ませた。
親分 :ダメじゃん。
キヨシ:あ、でも「きたのくにからしってますか?」ってちゃんと聞いたよ。(キヨシ君は「北の国から」好きの私から、北海道といえば純と蛍、そして五郎だとしっかり学習済み。)でもあんまり好きじゃなさそうだったよ。「ちょっと〜。」って言ってた。
親分 :あとは、その子に日本語でなんて言えた?
キヨシ:「ズルズル!」
親分 :?・・・。なにそれ?
キヨシ:「ズルズル?」(凍った道路を足で蹴りながら・・・)
親分 :もしかして、「ツルツル」って言いたかったんじゃないの、キヨシ君?
キヨシ:あっ!そうか!「ツルツル」か!どうりで日本人の子が困った顔で笑ってたわけだ。

〜親分の感想〜まさか鼻水「ズルズル」流してたわけじゃないだろうな、キヨシ。日本人学生君よ、ごめんなさい。



1/27/03 * 宿題:今日習った単語を使って、疑問文と答えの文を作りなさい *

@といれで、ひるごはんをたべますか?−−−−−いいえ、たべません。
Aゆうびんきょくで、じしょをのみますか?−−−−−はい、のみます。

〜親分の感想〜
@はまだ許せる。Aはさすがにちょっと・・・多分「よみますか」と「のみますか」を混同してるんだとは思うけど。郵便局で辞書を丸呑みする男。怖いものがある・・・



1/29/03 * 夕飯の席にて *

キヨシ:(夕飯を目の前にイスに座り、深々と頭を下げて)いってきます!
親分 :いってらっしゃい。

(どこ行くんだよ。これからご飯って時に・・・。いつまでたっても「いってきます」と「いただきます」を区別できないキヨシって・・・。)



2003年1月某日 * 大根を料理していた親分との会話より *

親分 :キヨシ君、知ってる?日本では、へったくそな役者のことを「大根役者」って言うんだよ。なんでだと思う?
キヨシ:わかんない。なんで?大根おいしいのに。(意味不明)
親分 :大根ってどこを切っても、断面が一緒じゃん?いろんなキャラがうまく演じわけらんないダメな役者、ってことじゃない?うまいこと言うよね。
キヨシ:じゃあさ、上手な役者さんのことはなんていうの?
親分 :うまい役者には、別にそういう特別な言葉はないと思うけど・・・。
キヨシ:寿司役者、ってどう!?すごくカラフルで種類が多いでしょ!
親分 :・・・・・。

〜後日談〜2003年2月4日追加
親分 :キヨシ君、この前の大根役者の話だけどさ、あれ、私が間違えてたわ。あてなさんっていう人に教えてもらったの。大根はどう料理してもあたらない、からきてるんだって。ごめんよ〜、うそ教えちゃって。
キヨシ:親分、ぼくに間違った日本の知識教えてもらっちゃ困るよ。
親分 :・・・・・。(何も言えない。)

あてなさん、ご指摘ありがとうございました。どこを切っても断面一緒、って。
そりゃ、金太郎飴か!!(笑)いや〜、おはずかしい。



1/27/03 * 授業での1分間自己紹介スピーチのための原稿 *

TOPIC:にほんにいきました。(じこしょうかい)
はじめまして。○○○○・シャツォーです。
いまよねんせいです。せんもんはてつがくです。
でも、べんきょうがあまりすきじゃありません。
いちねんまえ、にほんにいきました。もちつきをしました。
あまざせ(甘酒)をのみました。おいしいです。
とうきょうとほっかいどうとみやぎにいきました。
おんせんとじんじゃにいきました。
ラーメンとすしとこんぶまけ(昆布巻)がすきです。
どうぞよろしくおねがいします。

〜ヨーコ先生からのコメント〜
"Pronunciation" ← needs practice (こんぶまけ=× こぶまき=○)14点/15点

〜親分の感想〜
当日の朝にめっちゃあせって準備していたわりには、成績良かったみたいで驚き。
でも今回ほとんどの文章は私が助けたので、今度は自分で頑張ってみてほしい。



12/11/02 * 授業での寸劇発表のための台本(再び、キャサリンとの共同作成)*

キヨシ  :おひさしぶりですねぇ。
キャサリン:こうにちいは。(こんにちは。) げんきですか。
キヨシ  :はい、げんきです。あなたのいぬですか。
キャサリン:ええ、かわいですね。
キヨシ  :おなかがすいた。ばんごはんをたべますか。
キャサリン:はい、どこにたべましょうか。
キヨシ  :Wood Center にたべましょう。
キャサリン:いね(犬)がゆきのうえにおしこ(おしっこ)をした。
キヨシ  :ああ、そうです。いまゆきはきいろい。
キャサリン:いきましう。たべますよ。
キヨシ  :たてものにいね(犬)をいれないで。
キャサリン:たいへん。
キヨシ  :ばんごはんたべますよ。さよう。(さようなら。)
キャサリン:じゃ、また。

〜親分の感想〜キャサリン、いったいどこでそのセンテンスを覚えたんだ!

      


12/10/02 * パートナー、キャサリンと作成した自己紹介ダイアローグ *

キャサリン:はじめまして。キャサリンです。どそよろしく。
キヨシ  :はじめまして。わたしのなまえは○○○○です。どうぞよろしく。
キャサリン:どちらからいらっしゃいましたか?
キヨシ  :ニニルチックからきました。
キャサリン:あーそうですか フーパー・ベイからきました。
キヨシ  :わたしの(私は)だいがくせいです。よねんせいです。キャサリンわ?
キャサリン:いちねんせいです。せんこうはなんですか?
キヨシ  :てつがくです。せんこうはなんですか?
キャサリン:せんこうはまだわかりません。
キヨシ  :そうですか。にまんご(日本語)がべんきょしますか?
キャサリン:はい、べんきょうします。でも、いもくらすがあります。
(いつも?いま?クラスがあります)

キヨシ  :ああ、そですか?ひるごはんわたべます。
キャサリン:じゃ、また。
キヨシ  :さよなら。

〜親分の感想〜「2万語」も勉強するキャサリンが取っている「いもクラス」
ってなんだろう?