輪島きりこ太鼓

英語English

輪島きりこ太鼓は、石川県輪島市にある、伝統的な太鼓グループです。能登半島にはたくさんの太鼓グループがあり、それぞれに独自の特徴を持っています。輪島きりこ太鼓が醸し出す太鼓のリズムは、輪島独特のものです。「きりこ」は、能登半島一円で祭りの際に使われる、伝統的な大きな奉灯です。小さな「子供きりこ」から巨大でとても重いものまで、たくさんの種類があります。標準的な大きさのきりこは、それを担ぐのに、20人ほどを要します。輪島では、各町ごとにきりこを所有していて、毎年祭りの時に、組み立てられます。きりこの後部には、太鼓がロープで吊るされます。 きりこは、太鼓と笛の音に伴われて、町中を練り歩きます。

きりこは時々家の前に止まり、そこで太鼓が演奏されます。町を練り歩いた後、きりこは神社に向かいます。市内中のきりこは神社に集まり、各町の代表者が神社の中へ入ります。そこで彼らはお参りをし、御払いを受けるのです。その後、きりこは「たいまつ」が行われる場所に向かい、そしてそれぞれの町に帰って行きます。祭りが始まると同時に、太鼓の音は明け方まで街中に響き渡ります。太鼓のリYムは、世代から世代へと受け継がれ、ュ展し、広がってきました。太鼓フ叩き手は、様々ネ種類のリズムを学びます。叩き手は、決められたリズムを奏するよりむしろ、様々なリズムを混ぜ合わせて叩きます。きりこ太鼓では、普通は一つの太鼓を二人で叩きます。一人は「こばい」と呼ばれる、基本のリズムを繰り返し叩き、もう一人は「おおばい」と呼ばれる、きりこ太鼓のメインのリズムを叩きます。

メンバー

メンバー

活動

活動

イギリスツアー

ツアー

リンク

リンク

Eメール

Eメール

1