#2 「表現」

   2月中旬に、1ヶ月ばかりワタシはこのウェブページを閉鎖した。
   その行為が自分自身に与えたダメージは想像以上に大きくて、
   1年以上ぶりに人前で涙が流れた。自分でも驚いた。

   ワタシはこんなにも表現に対して飢えているのだと自覚した。
   閉鎖したことで、ワタシは世界に対して表現する術を失った。
   写真、文章、ウェブデザインすべてがワタシの表現だったからだ。
   写真を撮っているとき、ウェブページを作っているときワタシはお腹がすかない。
   いつも満たされている。非常にのどは渇くけれど。
   表現できなくなったら、ワタシは生きている意味がない。
   ワタシの存在自体も表現の一部であるから。
   例えそれがどんなにうすっぺらで、存在が「耐えられない軽さ」であっても。

   ワタシにとって表現こそすべて。
   「明日で人生終わりです」と神様に言われたら、持っている力すべてで
   ワタシの部屋を写真で埋めて、表現場にする。
   そしてとにかく多くの人に、幼稚園のときの同級生まで招待状を出す。
   そこまでしないと終われない。

   人は生まれながらに表現者だと思う。
   発する言葉も表現。どこに住むかも表現。何を食べるかも表現。何を身につけるかも表現。
   それが端的に現れるものが、「芸術」という分野。

   もし、ワタシの特徴があるとしたら「人より表現したがり」
   となるんだろう。生きているだけの表現じゃ、物足りない。

   自分の表現を広げるためにする苦労は厭わないでいたい。
   なるべくたくさんの人と関わること、表現物に触れること。
   それらがワタシの視野を広げてくれる。見えなかったものが見えてくるはず。
   空も飛べるはず。(?!)
   それと否定的に物事を見ないこと。どんなことからも得ることはあるはずだ。
  

back